MENU

 インターネットを検索するとすぐにパパ掲示板をみつける事ができて、中を確認して見ると多くの書き込みがされていました。
多くの人たちが利用しているし、気軽に使うことができる掲示板は相手募集をするのにもハードルが低いって感じました。
掲示板の中には援助交際を求めているような書き込みもたくさんありましたけど、私は毎月定期的に高額の手当をもらうことが可能な愛人になりたいと言うことを書き込んで行きました。
援助交際とすることで実際にお金をもらうことも出来るでしょうけど、相手を探す手間とか大変だし、それに変な病気とか怖い人に当たってしまう事もあるでしょう。
だから1人の人とじっくりと関係を持ったほうが何かと便利だって思ったんです。
それに手当の方も高いですから、長期的な関係を楽しむことができるお金をくれるような男性を募集していきました。
これで相手が見つかればファッションで恥ずかしいと言う気持ちを持つこともありません。
キャンパスのほとんどの人たちがお洒落をしているように、自分も思いっきり気飾っていけるのです。
掲示板の反応は凄いものがありました。
すぐにメールを受け取ることができちゃって、中には50万円ぐらい出してもいいなんて言う人までいるんです。
当然金額が高ければ高いほどいいですから、その男性に返信をしてきました。
39歳の会社役員のその男性は、月に2、3回のセックスで毎月50万円支払うと話てくれました。
この話には本当に興味を持ってしまって、相手の言うがままに面接しようという事になったのです。
これで相手に気に入ってもらうことができたら、高校の友達のようにリッチな生活を送ることができるのです。
とてもワクワクした気持ちで待ち合わせの場所まで出かけてきました。
駅前で待ち合わせになったんですけど、彼は相性を確かめなければ契約をすることができないと話しだしました。

お金を持っている事を示すために財布の中身も見せてくれたのですが、確かに万札が詰まっているのが分りました。
面接代も支払うという事で、そのままラブホテルに直進していく事になりました。